知ると知らないは雲泥の差!着物の価値を上げるには

汚れやシミをキレイにしておく

家のタンスや押入れなどに眠っている中古の着物を売りたいと思った際、その価値を高くするためには、一体どのような下準備をすれば良いのでしょうか。
まずは、汚れやシミをキレイにするということが挙げられます。いくら高価な着物であっても、デザイン性に優れた着物であっても、汚れやシミが付いていれば付加価値は一気に下がってしまいます。購入する側の気持ちに立って考えてみると納得出来ると思います。
どのような場所にシミや汚れが付きやすいのかと言いますと、袖の部分や襟の部分です。覚えがなくても、長い間仕舞っておいたことで思わぬシミが浮き出ている場合もありますので、売りに行く前に一度チェックしてみると良いかもしれません。

裄や丈の長さを確認する

また、着物というのは成長に合わせて裄や丈を出していくことが出来ます。着物によってその長さが異なるのですが、高く売れるのはもちろん裄や丈が長いものです。それだけ布地の面積が広いということになりますので、少しだけですが高く売ることが出来るのです。何センチくらいの方まで着ることが出来るものなのかということを、大体で良いので算出しておくと良いかもしれません。
また、どのようにして保管していたのかという点も換算されることになります。清潔なたとう紙で包まれている着物は、相手の心情を良くしますので、手元にあるのであればそれに包んでいきましょう。また、手元にない場合でも、着物専門店に行けば手に入れることが出来ますので、予め購入しておくと良いでしょう。