邪魔なタンスの肥やし…着物を売りたいあなたに!

中古の着物は売れる?

タンスの肥やしになっている着物は処分したくても、まだ着れるしもったいないですよね。そんな中古の着物は買取ってもらいましょう。
一般には着物を着る機会が少なくなりましたが、女性のライフスタイルの多様化でお茶や日本舞踊などのお稽古事が盛んになり、今の時代でも着物を着用する機会は存在します。また、和装が見直されてきていて、着物を着ての女子会が開催されるなど街着としても中古の着物は需要が高まっています。
古着屋やリサイクルショップなどでも買取ってもらうことは可能ですが、着物は奥が深く専門の知識を持った買取業者に売ることが高く買い取ってもらう一番のポイントです。業者のホームページや口コミサイトなども参考になりますのでチェックしてみましょう。

中古着物の高額査定の秘訣

中古の着物は状態が良い物が高く売れる傾向にあります。着物は長い間しまったままだと、シミや汚れがあるかもしれません。査定を依頼する前にタンスから出して確認してみましょう。業者によって同じ中古の着物であっても取り扱う内容が異なります。リメイク品やハギレに加工する業者もありますので、生地が経年劣化していたり、カビや色あせがあったり傷みが酷い場合でもあきらめないで買取業者に相談してみましょう。
また着物は帯や羽織を合わせて揃えていることが多いものです。バッグなどの和装小物も含めて扱う業者であれば併せて査定を依頼することができます。
産地や作家を証明する証紙があれば査定のポイントが高くなりますので手元にあれば一緒に揃えておきましょう。